マウンティング用語の基礎知識

さ行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サバサバ

物事に拘泥することなく、さっぱりしている様子。人間関係をめぐる厄介ごとに囚われない気質を表す際に用いられることが多い。なお、自らの性格を「サバサバ系」と表現する際には、「他者への関心の薄さ」を周囲に知らしめる目的がある。「自分の言動に対するお前らの反論は一切受け付けない」という強い宣告である。
このような傾向から、「自称サバサバ系は自己愛がひときわ強く、他者を横暴に扱うことに抵抗がないため、関わってはいけない」ということが通説となっている。

地頭(じあたま)

学歴や学力試験など、目に見えるものとしては表れない頭のよさ。教育課程において蓄積される知識とは異なる観点から評価され、状況判断の能力や洞察力、対応の柔軟性などさまざまな尺度が適用される。
その人物の評価基準として「地頭」が持ち出される際には、つねに知識蓄積型の「秀才タイプ」を軽蔑するニュアンスが含まれている。学校教育を通じて形成された「人工的な能力」ではなく、自然に獲得した能力こそが、その人の「本来の能力」だというわけである。
なお、「地頭」を構成する性質については統一的な見解はなく、場面や文脈に応じてさまざまな「地頭」の概念が導入されている。評価者の主観的認識の枠組みを超えて「頭のよさ」を判定することはできないがゆえに、つねに「地頭」は「自分から見て頭がいい人の特性」ないしは「自分の思考様式における特性」という基準から決定される。そのため、各々の自己認識のうえでは、地頭の悪い人間は存在しない。

ジェネレーションギャップ

世代間格差。世代が上の者が下の者に対し、「え!?○○知らない?っかぁ~これがジェネレーションギャップかぁ~」と大仰に振る舞う形が正式な用法であり、実際に9割近くはこの文脈で用いられる。「若者の○○離れ」と同様、変化に対応できなくなった人間が、現状の自分の価値観を肯定することを目的に用いる言葉であり、何か具体的な意味を持っているわけではない。

塩化ナトリウム(NaCl)を主成分とする調味料。もっぱら素材本来の味を楽しむために用いられる。

○○しか勝たん

“I like ○○ very much.” の意。

自覚

自らが置かれた立場に対し、社会的に要請される役割意識を抱くこと。「社会人としての自覚」「父親としての自覚」など、立ち位置の変化とともに自己認識のありようを改めていくことが求められる。
実際に使用される文脈としては、職場で新卒者に対して浴びせられる「もっと社会人としての自覚を持ってもらわないと」というケースがほとんどである。なお、「社会人としてあるべき自己認識」がどのようなものであるかについては誰一人として明確に定義づけることはできず、またセルフイメージはつねに現実とズレてしまうものであるから、「自分が○○としての自覚を持てているかどうか」は人間の理性では確認することができない。
そのため誰もが「自分が自覚を持てているか」について何らかの負い目を抱えていることになる。「自覚」のこのような性質は上の立場にいる者にとって、気に入らないポイントを指摘する際にとりわけ有効に機能する。相手の過ちの根拠を「自覚」という不定の負い目に帰することにより、恣意的な言いがかりに正当性を持たせることができるわけである。
ここで望ましい自覚のありようについて尋ねてみても、「大人なんだから自分で考えろ」式の答えが返ってくるため、今度は「大人としての自覚」について考えなくてはならなくなる。

シズル感

高温で食材を調理している様子を表す英語の擬音語“sizzle”から派生した言葉であり、メディア上で食品などの魅力を演出する際にとりわけ有効な「五感に訴えてくる様子」を表す。「湯気」や「肉汁」といった視覚に訴えかけるポイントや、「鉄板で肉を焼く音」などが「シズル感のある表現」の代表例である。
メディア制作に携わる人間だけに使用が許された言葉であり、業界人であれば「シズル感」という言葉を自在に使いこなすことができるが、食品だけではなく「肌のツヤツヤ感」など臨場感やリアリティのある表現全般に用いられるようになっており、実際の意味はよくわからない。要するに、「シズル感が足りない」は「もっといい感じに」と実質的に同義である。

シナジー

相乗効果のこと。ビジネスシーンにおいて、「相乗効果」と言ってしまうと「具体的にどんな効果が?」と突っ込まれるような場面でも、「シナジー」と言っておけば「両方ともなんかいい感じになる」という漠然としたメリットを押し通すことができる。
この際、「シナジーってどういうこと?」とはなかなか指摘されない。カタカナ語の意味を知らない愚か者のように見られてしまうからである。
このように、ビジネスにおけるカタカナ語は、相手の「欧米社会へのコンプレックス」あるいは「無知を恥じる心」につけ込み、具体性に欠ける提案を押し通す際に有効に機能する。

自分時間

自分のための時間。仕事や家事などの拘束を受けない時間の使い方を指しているが、趣味やレジャーといった特定の目的に使われる時間は含まないものと解釈される傾向にある。「自分時間」はつねに「ひととき」でなくてはならず、カフェでリラックスしたり、お気に入りの家具や雑貨に囲まれながらティータイムを過ごしたり、ウォーキングの最中に空の青さに気づいたりと、「束縛のない世界が立ち現れる一瞬」に焦点をあてた概念となっている。こうした「ひととき」の発現は、「自分が身を置く世界がいかにすばらしいか」を主体に再認させ、搾取される日々を肯定する意義を持つことになる。
なお、「時間を有効に使う」という意味で、「朝活」と非常に親和性の高い概念である。

少数精鋭

求人広告において、「業務に対して人が足りていない状況」を示唆する文言。マンパワーへの依存や、常態化した長時間労働について、事前に情報開示をしてくれている。つまるところ、求人広告でこの言葉を用いるのは極めて良心的なブラック企業だと言える。感謝しながらそっとスルーしよう。

シリコンバレー

アメリカ合衆国のサンフランシスコ州に位置する地域であり、AppleやGoogle、Facebookといった企業が拠点を置いていることから、世界を主導するIT技術が生み出される場として認識されている。
このイメージを利用して、国内のIT企業においても「シリコンバレー発の○○」といった形で自社の製品・サービスを権威づける傾向が見られるが、今や誰しも「シリコンバレー発のWeb検索技術」(Google検索)を使っているのであるから、中身のないアピールである。

誠意

物事に対して正直に向き合う心。通常、人間の心情は形として現れることがないが、「誠意」は金銭的・物質的価値として表現可能な数少ない心情である。
「これだけのことをしたのだから、誠意を見せてもらわないと」など、搾取や恐喝の体裁を整える際に用いられる。その他、クレームを入れる際に「相手に明確な落ち度はないが、腹の虫が治まらない」場合、「相手の誠意のなさ」に依拠した論理展開が見られるケースも多い。
総じて、相手の疚しさや良心につけこみ、金銭を引き出すための方法的概念として利用される言葉である。

成長

生物が育って成体に近づいたり、事業などの規模が大きくなること。
個人のビジネスキャリアが向上しているかどうか、を示す観点としてもしばしば取り入れられる。
「成長」の尺度は任意に変更可能であり、概ね自身の成功体験や困難を乗り越えた経験を振り返り、それを自らのサクセスストーリーのうちに意味づける際に用いられる。

前職

以前についていた職業や、以前の職場。
前職の経験を引き合いに出すことで、現在の組織のあり方を相対化し、異なる基準や視野を持ち込むと同時に、社会人としての見識の広さをアピールすることができる。

ソリューション

ある問題に対する解決の方法、方途のこと。コンサル系や広告代理店などでは、つねに最適なソリューションが提供され続けているが、施策の効果を比較できる顧客は限られているため、それが解決策として最善だったのかは謎に包まれている。
「ソリューション」にかかる修飾語としてもっぱら「最適」が用いられるのは、このように「最善」「最良」「最高」が保証しえないからである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

追加してほしい単語を募集しております

「マウンティング用語の基礎知識」では、皆さんが日常で出会ったマウンティング用語を随時募集しております。
「これは」と思うものがありましたら、ぜひ下記のボタンからご応募をお願いいたします。

マウンティング用語を提案する

コメントを残す

*

CAPTCHA